バッチフラワーレメディの各々の説明:ホワイトチェストナット 35/38

考えてもしょうがないことをぐるぐる考えることはありませんか?

思考がドツボにはまってしまって、そこから抜け出せず、

・あの時、どうしてあんなことを言ってしまったのだろう。

・なんでこんなことになってしまわないといけなかったのだろう

・どうしてこんな目に合わないといけないんだろう

・あの人はこのことについてどう思っているのだろう

こんな思いがぐるぐるぐるぐる渦巻いて心を支配しているときに使えるレメディです。

人気のレメディの一つです。

 

 

white chestnut

 

【ホワイトチェストナットについて】
●ホワイトチェストナットの状態がバランスを崩し、ネガティブな状態になると起こる状況:

同じ心配事や望まない考えがぐるぐると頭を支配し苦しめられるようになります。

いましている事に十分に集中できず、頭の中に沸いてくる、

未解決の問題や他の考えで支配され、

壊れたレコードの針のように、悩みにとらわれます。

そして現在を十分に生きられないのです。

ひどくなると、頭痛を伴うことさえあります。

 

 

●ホワイトチェストナットを飲んだ後の予想されるポジティブな状態:

本来の自分にそぐわない考えが浮かんできても、

さらりと自分を通り過ぎ、その考えに引きずられたりしません。

精神状態は穏やかに保たれます。

意識の湖が澄み渡っていれば、

自分の望む答えや問題の解決法は見えてくるでしょう。

ぐるぐる考えてしまう状態が、解き放たれるか、消えていくかしていくのか、

「考えたくても考えられない」

こんな感想を良くお聞きします。 この状態がしんどければしんどいほど、変化は感じやすい傾向にあります。

 

 

ex)アリアは気が付いたらまた先日の会話の事を思い出してしまっています。

あの会話を最初からやり直せたらこんなに悩むことはなかったのに、と後悔し続けています。

 

 

バッチフラワーレメディの飲み方 ⇒ こちら

【津高台ホリスティックケアルーム】
フラワーレメディレメディの貴方の心に寄り添うコンサル&講座
お問合せ・お申込みはこちらから