バッチフラワーレメディの飲み方・飲み方

38種類のバッチフラワーの種類のネガティブな状態を見て、
今の自分の心や感情の状態に一番ぴったり来るものや、
良く感じる状態のレメディを最大6~7種類まで選びます。
「こうなりたい」「ああなりたい」ではなく、
「辛い」と感じるネガティブな感情から選びます。

 

 

緊急時と一時的な勧業には

 

一時的なネガティブな感情には、飲み物にレメディの入ったボトルから2滴ずつ、
緊急の場合に必要とするレスキューレメディの場合は4滴入れて落 ち着くまで飲みます。
ボトルから直接口にたらしてもかまいません。

 

add05

 

 

長く続いている

 

しばらく飲む必要があるので、経済的で便利なトリートメントボトルを作っておくといいでしょう。

トリートメント ボトルを作らない場合は、
1日4回 その都度レメディの入ったボトルから2滴ずつたらして飲んでください。
トリートメントボトルの作り方は30mlのスポイト付の遮光ボトルに、
ミネラルウォーターを入れ、茶さじ一杯の ブランデー(蒸留酒)かビネガーを加え(保存 剤代わり)、
自分に必要なレメディを各2滴ずつ、レスキューレメディの場合は 4滴加え、冷蔵庫で保存します。
それを1日4回4滴以上(1日16滴)飲み物に入れたり、 直接口にたらして飲みます。

 

 

add04

 

 

飲む期間

通常3週間程度飲んで様子を見ます。バッチフラワーは、本質的に自分で自分を助ける自助システムです。
ですので、ネガティブな状態が、その間で改善できたらそれに該当するバッチフラワーを止めたり、

他の感情が表れてきたら、他のレメディに変えて 結構です。
(その時の気分であれこれ種類を変えるのはお勧めしません。とりあえず、3週間というのが目安です。)
その他、気がついていたら飲むのを忘れていることが続いたりすると、振り返ってみると改善されている自分に 気がつくときが来ます。
変化は穏やかに現れるでしょう。もっとも、緊急事態にはしばしばシャープな効果を表します。

 

3週間飲んでみたら、飲む前の自分と現在の自分とをレメディの特性を考えながら振り返って見ましょう。
現在、自分にとってレメディが必要であるか、そうでないか、を確認します。
または、違うネガティブ感情が出てきている場合もありますので、その時の感情をカバーするレメディかを更に考えていきます。
まだ、ネガティブの感情がそのまま残っているものに関してはそのまま飲んでいたレメディを再度トリートメントします。

 

Image03

 

自分でバッチフラワーレメディを選ぶのが難しい場合もあります。
人に話すことで自分の考えている事や思っている事、そして感じている事を整理することができます。
しかし、しんどい思いをしている時は誰でもいいわけではありません。
話すことで余計にしんどくなったり、結局誰も分かってくれない思いを抱える場合もあります。
イギリスのバッチセンター認定の専門家(プラクティショ ナー)や、
カウンセリングの専門的な勉強をしているプロに話すことをお勧めします。
当方では、話すまで心の整理がついていなかったり、核心に触れるまで自分は行き着いていない状態なのに、
そこを掘り込んで聞いたりするようなことは一切ありません。
むしろカウンセラーによる伴走者がいる事で、安心感や相乗効果も得られるでしょう。
今表れている心の状態についてレメディを選び、そしてその一つの皮が剥けて、
次の表層に進んでいき、やがて本来 のあるべき姿へと導かれていくような過程を踏んでいきます。

 

人は自分への様々な禁止事項から縛りに至るまで、
色々な心癖を抱えています。

 

それをフラワーレメディの自然の力を借りて
十分頼って良い!依存していい!
そんな小さなボトルの看護師さんにサポートしてもらいながら、
穏やかに自分と向き合い徐々に「生きやすさ」を感じて行けます。

 

人生という道を歩いて道中に、
人はちょくちょく転んでしまいますが、最初は手を借りて起き上がっていたのに、
徐々に自分で手をついて何かをつかんで起き上がれるような、
自立型の穏やかなシステムです。

 

 

カウンセリングのお申し込みはこちら