バッチ博士の遺産

読んでいただける方を意識して、というのもありますが、
今回の内容は自分の勉強のためにも書いていきたいと思います。

シリーズで書いていきたいものがひとつあります。
それは、バッチ博士が残した書物について。
この書物は今日本語訳で一冊にまとめられています。
しかもB5サイズで全80ページ。
1章~8章まであります。たったのそれだけ?という感じですが、それも理由があります。

本当はさまざまな資料があったのですが、「後世の人が迷ってはいけない。」
と、いうことで、一冊にまとめ、すべてを焼き捨てたのです。

ですので、現在さまざまさバッチフラワーの書物がありますが、それはすべて、その後の研究者であったり、
バッチ博士についていた助手たちが思い出して書いたものだったりするのです。

その本の中は

「なんじ自身を癒せ」(1931年著)
「トゥエルブヒーラーとその他のレメディ」(1936年著)

という大きく二つに分かれた内容で構成されています。

この一つ目の「なんじ自身を癒せ」の第1章から最終の第8章までを
簡単に分かりやすく要約して行こうと思います。

この「なんじ自身を癒せ」はバッチフラワーのカウンセリングをしている者にとっては
聖書みたいなもので、迷ったときに原点に帰れるすばらしいものです。
そして80年近く経った現在において新鮮に感じられるものでもあります。

そんなバイブルを要約、なんて恐れ多いですが、なんせ、私にとっては難しすぎて、
理解するのに時間がかかり、読み直すのに苦労する。ので、実は半分以上自分のために、
書くことによって叩き込みたい、というのが理由です。
では、興味のある方、今後お付き合いくださいませ。

 

01

02

03

04

05

06

07

08

 

私の心惹かれるバッチ博士の言葉です。

Line

 “お腹がすいたから庭からレタスを取ってきて食べよう、
恐怖心から病気になったのでミムラスを飲もう”
こんな言い方が出来るぐらい簡単にしたい。

Line

(「心を癒す花の療法」ノラ・ウィークス著)
※ノラ・ウィークスはバッチ博士の右腕となりその後の全責任を任された女性