バッチフラワーレメディとは

野花や草木から作られた自然のエッセンスです。
これを飲み物などに落として体に取り入れる事で、心の平安を取り戻したり、
否定的な感情に対処するための癒しのシステムです。
イギリスの医師であり、細菌学者でもあった、バッチ博士によって朝露を口に含んだ時に感じたことがきっかけとなり1936年に完成されました。
レメディが人々の魂に働きかけ、心身のバランスを取り戻していく事を手伝います。
赤ちゃんからお年寄りまで、またペットや植物にも安心して使えます。
より健康に・・・家庭予防医学として広く世界で使われています。

add

 

レメディについて詳しく

38種類のエッセンス

バッチフラワーレメディはバッチ博士が野の花や草木から簡単な方法
で個々の持つバイブレーション(波動)を取り出してビネガーもしくはグリセリン(海外はブランデー)で
希釈した38種類(バッチフラワーの種類)のエッセンスです。38種類で完結していて、
これ以上増える事もありませんし、減る事もありません。
たったの38種類とお思いでしょうが、組み合わせによっては何億という種類になり、
人間すべての感情に当てはまっているといえるでしょう。
とても単純であり、博士が愛して完成させたイギリスのマウントバーノンの家(英国バッチフラワーセンター)で
完成しました。
今でも同じ方法で母液はつくられています。
※バッチフラワーレメディにはオリジナルのバッチ博士のサインがあります。

add02

Button01 Button02

 

 

自然治癒力の向上

体内に取り入れる方法は主には飲むことによって取り入れます。
アロマは臭覚器や皮膚を通して身体に働きかけ、その結果感情に影響を与えますが、
バッチフラワーレメディは働き方の種類が違い、まず感情に働きかけ、心の状態を改善することによって、
本来備わっている自然治癒力をもたらし、心身への健康へと導きます。現在の医療の名称でいえば、
補助療法とか代替医学(ホリスティックアプローチ)といわれています。

add07

Button03

 

副作用はありません

バッチフラワーレメディの最大の利点の一つは、薬ではないので完全無害であり、習慣性、副作用が一切ありません。
もし自分に合わないレメディを選んだとしても、問題は起きず、ただ効果が現れないというだけです。
しかもどんな医療との併用も可能で他の薬との飲み合わせが可能です。禁忌性が一切ないのです。
そのほかに、私が惹かれた重要なところは、「汝自身を癒せ」です。
自分の心に耳を傾け、「静かに考える」ことがすでに回復への第一歩を踏み出していて、
答えは常に自分の心の中にある、というところです。

Image01

 

フラワーレメディの作られ方

レメディは、次の簡単な二つの方法で作られています。

●サン・メソッド(太陽法)
選んだ植物から花の部分をとって、ミネラルウォーターを入れたガラスのボールに浮かべます。
そして3時間太陽の光に当てます。この花び らを取り除いた水が原液となります。

●ボイル法(煮沸法)
主に木からとる植物や硬いものに行う方法で、花や茎や枝を集めてミネラルウォーターの入った鍋の中に入れて
30分煮沸します。そしてこ の枝等を取り除いた水が原液となります。

add03