バッチフラワーレメディの各々の説明:スクレランサス 28/38

人間は、行動を起こすときに過去の思い出を元に、「快」と思える深い記憶(上質記憶)と比べて「快」か「不快」か常に見極め、選んで行動しているそうです。

例えば、友人が「海に行こう!」と誘ってきた場合、人は「快」か「不快」か一瞬のうちに「海」「友人と行く」を感じ取ります。

過去に海でいやな思いをした人はきっと「海」と言うキーワードを聞いて不快に感じるでしょう。

でも、過去の記憶と照らし合わせて「友人と行く」=「とっても楽しい」と感じているならば、どちらが自分にとって快が勝っているかを感じて答えを出すわけです。

そのような選択を日常で行っているわけですが、そこが揺れてしまって、選択しづらいとき、

このレメディが役に立つかもしれません。

scleranthus

 

●スクレランサスの状態がバランスを崩し、ネガティブな状態になると起こる状況:

これはバランスと関連があります。

エネルギーが左右に揺れる振り子のように両極端に揺れ動きます。

例えば、気分が天国のように感じたかと思えば、次には地獄のように感じたり、

非常に行動的かと思えば、完全に無気力になったり、

熱中したかと思えば、翌日には無関心に、という具合です。

また、そういった安定しない状態なので、選択しなければならない時に、

選ぶことができない状態にも陥りがちです。

乗り物酔いや、バランスに関する病気などにも良く使われるレメディです。

 

●スクレランサスを飲んだ後の予想されるポジティブな状態:

内面のバランスが保ちます。

なので直感から来る確信を持って正しいときに正しい決断をするようになるでしょう。

気持ちが安定しないゆえに陥っていた心の大きなゆれが治まり、

冷静な判断ができる助けとなります。

 

EX)マクゴガナルは友人と別荘を共同購入する約束をした。 翌日目が覚めると、何であんな事を約束したのかと電話で取り消そうと友人に話す途中で、再び説得され「もう一度考え直してみる。」と先程の考えを覆してしまう。

バッチフラワーレメディの飲み方 ⇒ こちら

【津高台ホリスティックケアルーム】
フラワーレメディレメディの貴方の心に寄り添うコンサル&講座
お問合せ・お申込みはこちらから