バッチフラワーレメディの各々の説明:ロックウォーター 27/38

ハードルを次々と高くして、自分はここまでやらなければならない、という縛りがどこかにありませんか?

それは人のためでも、何かのためでもありません、ただ、自分をストイックに高めるために頑張っているのです。

「~したい♪」ということより、「~しなければならない」ということが常に頭にある方にはもしかしたら必要かもしれません。

rock water

【ロックウォーターについて】

●ロックウォーターの状態がバランスを崩し、ネガティブな状態になると起こる状況:

このレメディは唯一植物からではなく、自然の力を持った湧き水です。このタイプの人は、自分で課した約束事に縛られ精神的な面や肉体的な面において最高の状態でありたいと望み、その為には労を惜しみません。ネガティブな状態になると、人生のさまざまな楽しみを拒絶し、自分を厳しく律して、自分のマイナス面を帳消しに出来る規律を課します。その規律をこなしきれないと、自分を責め、更に律するという悪循環を繰り広げます。偉大な完全主義者という表現がぴったりといえるでしょう。「~したい♪」ということより、「~しなければならない」ということが常に頭にある方にはもしかしたら必要かもしれません。

 

●ロックウォーターを飲んだ後の予想されるポジティブな状態:

改善されると、偏見のない心を持ち現実の生活の中で今ある自分を愛し、自分の理想を適切な形で実現させていく事でしょう。また人生の楽しみ喜びはいたるところに存在していることを知るようになるでしょう。

また、時の流れや物事の流れに身を任せることを知り、その中で楽しみながら理想を実現できることが理解できるでしょう。
EX)ネビルはまずジョギングをした後、7時にはプールに現れ、不屈の精神で50メートルを泳ぎ、腰を下ろして、特別に用意させた朝食をわき目も降らずに食べます。彼にとっては一日もこの行程を欠かすことは許されないのです。

 

私も一時期ロックウォーターが常に必要でした。今でも時々、必要です。

目標に向かって頑張ることで楽しんでいるうちはOKですが、

それが、ただの自分への縛りになっていたとき、融通が利かなくなっているとき、

案外この必要なレメディに気がつかない状態です。

決め手はそれをやろうとした時の「わくわく感」があるかないか、が目安になるかもしれません。

バッチフラワーレメディの飲み方 ⇒ こちら

【津高台ホリスティックケアルーム】
フラワーレメディレメディの貴方の心に寄り添うコンサル&講座
お問合せ・お申込みはこちらから