バッチフラワーレメディの各々の説明:ホーンビーム 17/38

今日は月曜日、元気に朝起きることができましたか?
我が家の次女は、小学校の低学年のころ日曜日の夜になると「あ~また月火水木金と学校かぁ」とため息をついていました。
毎日暑い中結構長い道中歩いていくのも疲れるみたいで、行事も全て終わり、なんとなくだるいし、と特にこの時期はそういった事を言うようです。
私も思い出せば日曜日のサザエさんが始まると悲しくなっていた時もあったな~と思い出しています。

まさに、そんな時にお勧めなのがホーンビームといえるでしょう。
別名「月曜日の朝のレメディ」と言われています。

hoernbeam

【ホーンビームについて】

●ホーンビームの状態がバランスを崩し、ネガティブな状態になると起こる状況:
このレメディは内面の活力と新鮮な気持ちとに関連しています。
肉体的な疲労ではなく、心理的疲労を感じる人に必要とされます。
例えるならば、仕事をしたことがある人なら感じた事であろう、 月曜日の朝の、又あの同じことの繰り返しが始まる、 というあの感覚です。
特に、肉体的労働ではなく、頭脳労働だけをしている多くの現代人はストレスを受けており、必要とされる場合が多くなっています。
また、やらなければならない事があるのになかなか重い腰が上がらない、 など精神的疲労感を感じる場合や忙しく動き回って 傍から見れば充実している毎日であるはずなのに 充実感が味わえないなど内面的に得るものが少なく感じる場合にも良いでしょう。

●ホーンビームを飲んだ後の予想されるポジティブな状態:

やる気が復活します。
この花のエネルギーは偏ったエネルギーを均一化し、 生き生きと知覚し、活動的であることと、
受動的であることの正しいバランスの取り方を 再び見つけられるようにするでしょう。
頭がすっきりとし、さわやかな気分になりいろいろな事に取り組もうと意欲が出るようになります。

EX)10時間も睡眠をとってから出社したキャシーは、机の前に座って書類の山を前にしたとたんひどい疲れを感じた。

疲れている人のためのレメディは2種類あります。オリーブ(心身共の疲れに)ホーンビーム(精神的疲れ)です。

疲れたなーと思ったら、まず、

・体も心も疲れているのか  →オリーブ
・体力はあるけど精神的疲労感があり動けないのか →ホーンビーム

をチェックしてみます。

単調な作業、デスクワークが仕事上多い方は、ホーンビームを必要としている人が多いようです。
また、季節的にとか学年的に中だるみを感じる子供達にも良いでしょう。
今思いつきましたが、夏休みが空ける前「あ~やだな、夏休み終わっちゃう…」というなんともいえないイヤーな気分のときにも使えそうですね♪

バッチフラワーレメディの飲み方 ⇒ こちら

【津高台ホリスティックケアルーム】
フラワーレメディレメディの貴方の心に寄り添うコンサル&講座
お問合せ・お申込みはこちらから