自分の存在を確認したくなる時・・ヘザー(12月のBrush Up講座より)

毎月フラワーレメディの基礎を学んだ方のための講座としてBrush Up講座を開いています。
38種類の基礎をどこかで学んだ方であれば、どなたでもOKです。

2時間半かけてじっくりフラワーレメディと
フラワーレメディを選ぶためのカウンセリングの実践を学びます。

今回42回目のブラッシュアップ講座は、レメディの1つを深く掘り下げるテーマは「ヘザー」でした。

 

「自分の存在を確認したくなる時」はないですか?

 

●ヘザーがサポートになるとき

自分が存在することを確認したくなる衝動に駆られているときに使えます。

例えば、風邪で伏せているとき、
1週間ほど全く行動が取れなかったとしましょう。
そんな時、ふと寂しくなり、自分が存在していることが他の人にとっては
どうでもよい事のように思われるときがありませんか?

 

究極を言うと、
自分なんて存在しなくてもきっと誰も何とも思わないわ。
というような寂しさ。
そんな感情に支配されているときです。

 

元々行動的な人は、
そうではない自分を確認したいがために、
自分のことをしゃべって、相手に自分の存在している印象を付けたいと
思う行動に現れます。

「私ちょっと集まりがあると、自分の事ばかり喋っているような気がする。」
という気がするとき、他人の話に耳が傾けられないと感じる時には
必要かもしれませんね。

 

 

また、チコリーと混同されることがありますが、
チコリーはヘザーとは違い、愛情提供への見返りを期待するときに
必要とします。

 

Outdoor portrait of beautiful blonde stands on the edge of the roof.

まとめると、

ヘザー:自己中心的な存在確認
チコリー:愛情提供への見返りの期待

 

どちらも、そうであったとしても、
それに気づいて、そんな自分がつらいと感じるときにレメディが必要となります。
どちらもきっと、寂しくてつらい、なんかいつもの自分じゃない行動に出てしまう。
そういった時に使うといいでしょう。

 

【津高台ホリスティックケアルーム】
貴方の見える世界が変わる
フラワーレメディレメディの心に寄り添うコンサル&講座
お問合せ・お申込みはこちらから