自分の存在を確認したくなる時・・ヘザー(12月のBrush Up講座より)

毎月フラワーレメディの基礎を学んだ方のための講座としてBrush Up講座を開いています。
38種類の基礎をどこかで学んだ方であれば、どなたでもOKです。

2時間半かけてじっくりフラワーレメディと
フラワーレメディを選ぶためのカウンセリングの実践を学びます。

今回42回目のブラッシュアップ講座は、レメディの1つを深く掘り下げるテーマは「ヘザー」でした。

 

「自分の存在を確認したくなる時」はないですか?

 

●ヘザーがサポートになるとき

自分が存在することを確認したくなる衝動に駆られているときに使えます。

例えば、風邪で伏せているとき、
1週間ほど全く行動が取れなかったとしましょう。
そんな時、ふと寂しくなり、自分が存在していることが他の人にとっては
どうでもよい事のように思われるときがありませんか?

 

究極を言うと、
自分なんて存在しなくてもきっと誰も何とも思わないわ。
というような寂しさ。
そんな感情に支配されているときです。

 

元々行動的な人は、
そうではない自分を確認したいがために、
自分のことをしゃべって、相手に自分の存在している印象を付けたいと
思う行動に現れます。

「私ちょっと集まりがあると、自分の事ばかり喋っているような気がする。」
という気がするとき、他人の話に耳が傾けられないと感じる時には
必要かもしれませんね。

 

 

また、チコリーと混同されることがありますが、
チコリーはヘザーとは違い、愛情提供への見返りを期待するときに
必要とします。

 

Outdoor portrait of beautiful blonde stands on the edge of the roof.

まとめると、

ヘザー:自己中心的な存在確認
チコリー:愛情提供への見返りの期待

 

どちらも、そうであったとしても、
それに気づいて、そんな自分がつらいと感じるときにレメディが必要となります。
どちらもきっと、寂しくてつらい、なんかいつもの自分じゃない行動に出てしまう。
そういった時に使うといいでしょう。

 

【津高台ホリスティックケアルーム】
貴方の見える世界が変わる
フラワーレメディレメディの心に寄り添うコンサル&講座
お問合せ・お申込みはこちらから

 

ゴースを深める(10月のBrush Up講座より)

毎月フラワーレメディの基礎を学んだ方のための講座としてBrush Up講座を開いています。
38種類の基礎をどこかで学んだ方であれば、どなたでもOKです。

2時間半かけてじっくりフラワーレメディと
フラワーレメディを選ぶためのカウンセリングの実践を学びます。

今回は、レメディの1つを深く掘り下げるテーマは「ゴース」でした。毎回ギリシャ神話や星についても調べていきます。

 

20110608_965094

 

 

■ゴース

ゴースは希望に関連しています。

 

本当にその一言に尽きるレメディです。

 

バッチ博士はゴースを発見した当初は
「病気が治らず希望をなくしている人に」ということで、
病気という限定した言葉をゴースに使っていました。

 

しかし、最終は病気という言葉を外し、
「希望をなくしている人に」
と言い換えています。

 

希望をなくすことは病気に限ることではない事を
クライアントを通してか、ご自身が使うことによってか、
気づかれたのではないかと想像しています。

 

前回のゲンチアナとの違いも念のため載せておきます。

 

落胆の種類
ゴース:希望がない
ゲンチアナ:意欲がない 可能性への懐疑

 

言葉で書くととても難しいと感じます。

ゲンチアナの場合は、意欲とありますので、
自分の努力次第で何とかなるかもしれないことを
やる気がそがれている感じです。

 

ゴースの場合は、可能性はすっかり絶たれ、
希望という光さえ消えてしまっています。

 

ポジティブになると…
前向きに希望に満ちた態度で過ごせる、
または、期待せずに生きていくという心構え(能動的)、
「人は神の手の平より、下に落ちることはない」
というような、人間の表面的な望みとは違う次元で
私たち一人ひとり定められていると、
楽観的にとらえられるようになるでしょう。

 

 

 

■レメディ選び

先ほどのロールプレイ集を元に
必要なレメディを選んでいく勉強もやっていきました。

 

文章で読むとどうしても全体を平たくとらえがちですが、

・主訴は何か
・『今ここ』を大切に読む

をきっちり抑えることでどこに焦点を当てて
クライアントに話を聞いたらいいかを学ぶことができました。

 

こうなってほしい、ああなってほしいと願うレメディではなく、
本人が何に苦しんでいるかを理解していくことが大切です。

 

次回は、「ヘザー」について掘り下げます。

 

 

【FROTTフラワーレメディアドバイザー講座について】

 

先日、29期生3名の方が修了させれました。
感情についてじっくり心の奥の層に感じていただく講座となりました。

以降の予定です。
今回、沖縄の方からもお申し込みがあり、3月は2日連続で開催する、特例を設けました。
もし、2日連続がいい!と思っていらっしゃる方はこの日をねらってお越しくださればと思います(^^)

募集中!

●30期生 12月23日土曜日9時半~12時半(残2名)
2日目以降は当日決定
●1月 ご希望日優先  定員4名
●2月 ご希望日優先  定員4名
●3月9日(金)、10日(土)時間未定 (残3名)

 

学ばれた方のためのブラッシュアップ講座も毎月開講!

 

【津高台ホリスティックケアルーム】
貴方の見える世界が変わる
フラワーレメディレメディの心に寄り添うコンサル&講座
お問合せ・お申込みはこちらから

 

ゲンチアナを深める(8月のBrush Up 講座にて)

毎月フラワーレメディの基礎を学んだ方のための講座としてBrush Up講座を開いています。
38種類の基礎をどこかで学んだ方であれば、どなたでもOKです。

 

2時間半かけてじっくりフラワーレメディと
フラワーレメディを選ぶためのカウンセリングの実践を学びます。

 

 

【8月のBrush Up 講座】

 

今日は、レメディの1つを深く掘り下げるテーマは「ゲンチアナ」でした。
毎回ギリシャ神話や星についても調べていきます。
そして前回から引き続きロールプレイを行いました。

 

■ゲンチアナ

ゲンチアナは落胆(意欲)と懐疑(可能性)に関係しています。
繊細なゲンチアナタイプは失敗という経験を繰り返すことで
楽観的な考えや勇気が失われていきます。

 

「荒波にもまれながら目的に達成することが成功」
という教育を受けてきた人たち、といっても、
そういう教育をほぼ皆さんそう言う教育を受けてこられたわけですが、
繊細なタイプにはその方法は合いません。

 

失敗という経験を繰り返すことにより、
楽観的な考えや勇気が失われていきます。
「いつもうまくいかない」というプログラミングを帳消しにする必要があります。
ゲンチアナを使用することにより、
ポジティブに変化すると成功とは個人的な幸福に根差した現象であることを知るでしょう。

 

落胆というとゴースも似たレメディではありますが、
このように違いがあります。

ゴース:希望がない
ゲンチアナ:意欲がなくなる

 

という差があります。

 

懐疑というと信頼とも関係あり、他のレメディも思い浮かびますね。

ラーチ:自分の能力への懐疑
ホリー:人への懐疑
ゲンチアナ:可能性への懐疑

 

 

 

■ロールプレイ

今回はテーマに沿ってロールプレイをしていただきました。

 

「人の抱える感情の応答」

 

ここはできそうで意外と難しいスキルです。
ついつい、事実に目を向けたり、
話に集中するあまり、感情を受け止められないことも沢山あります。

 

ですので、徹底的に
感情の応答に心がけることを練習し続けています。
沢山の方たちと共有することで、

 

カタルシスを感じる瞬間を共有したり、
この方の応答はとても暖かい、と感じたり、
建設的な相互作用もたくさん生まれてきます。

 

かといって最初っからパーフェクトにできる人は
居ません。
徐々に楽しみながらカウンセリング練習を行います。

 

19601270_1418135774947063_6643208277699130193_n

 

次回は、ゴースについて掘り下げ、カウンセリングのロールプレイを行います。
是非ご参加ください♪

 

【次回BrushUP講座】
日時:9月2日(土)9時半~
場所:津高台ホリスティックケアルーム予定
金額:参加費:2000円
マンツーマンの場合4000円
(マンツーマンになりそうな場合は前もってご連絡いたします)
お久しぶりの方も遠慮なくお越しください♪
皆さんがご参加しやすい内容でさせていただきます(*’▽’)
ご心配なく♪

 

■アドバイザー講座を受けられた方はインストラクターの勉強も可能です。
https://www.facebook.com/groups/1377677079122321/1841446496078708/
受講条件
・バッチ国際教育プログラムのレベル1,2を受ける
・38単位のFROTT独自の講座を勉強する
のどちらかの条件が必要です。
次回は、この単位の1単位に当たるワークショップの構築プログラムを行います。
この講座はインストラクターを受けるため、という目的ではなく、
講座を開くための準備ややり方を学びたい方にもおすすめです。
是非皆様ご参加をお待ちしております。

 

【津高台ホリスティックケアルーム】
貴方の見える世界が変わる
フラワーレメディレメディの心に寄り添うコンサル&講座
お問合せ・お申込みはこちらから

バッチフラワーレメディの各々の説明:ウィロー 38/38

いよいよ38種類のレメディ最後の説明となりました。
最後のレメディはウィローです。

このレメディのことを考えていた時に、
あることを思い出しました。

 

母が丁度私くらいの年齢の時でしょうか、
夜突然、寝室で大きな声で泣き出したのです。
私は自分の部屋から、父は居間から飛び出して
寝室へと飛び込みました。

 

どうしたのか理由を聞くと
「みんな、私のことは知らん顔、
私がご飯を作ろうが、何をしようが当たり前。
皆感謝の気持ちの一つもない。
私なんかいてもいなくてもどうでも良い
私ばかりなんでこんな思いしなきゃいけないの

という理由でした。

 

その頃の私は、大学、バイト、友人との付き合い
家に帰っては寝るだけ、という状態でした。
ご飯を作ってくれている感謝もなく、
時々は直前になって「ご飯要らないから~」と言ったりする
自分勝手な私でした。

 

初めて我慢強い母が漏らした叫びだったのです。
そして、家族にはとても必要な叫びでした。
母が私と同じ怒ったり泣いたりする人間であることを
初めて知った叫びでした。

 

willow

 
【ウィローについて】

 

●ウィローの状態がバランスを崩し、ネガティブな状態になると起こる状況:

自分が被害者であるような考えを持ち

全てが他人のせいや環境のせいにしてしまいます。
ホリーの怒りとも似ていますが、

大きく違うところは、「自分はなんてかわいそうなんだろう」
という自己憐憫の感情を含んでいることです。
他人のことを妬んだり、うらやましく思ったりするのもこのウィローに当たります。

 

●ウィローを飲んだ後の予想されるポジティブな状態:

心のなかでくすぶっていた恨みがましい気持ちが

少しずつ楽になっていきます
周りへの感謝の気持ちがわいてきて、
自分が運命の犠牲者ではなく、人生の芸術家である事や、
肯定的に取り組んでいくための道具を

人間の体には無限に持ち備えている事を知り、
安らぎを得て、楽観的でいられるようになるでしょう。

 

 

さて、レメディの変化はとても穏やかです、
しかし、まれにシャープに働くことも知られています。
レメディを飲んだ後に予想されるポジティブな状態は
結果このように導かれる、ということであり、
そこに至るまでの道筋は人それぞれのようです。

 

フェードアウトするかのように、ネガティブなことが落ち着くこともあれば、
今回のように良い方向転換するための
急ハンドルを切るような変化もまれにあるようです。

 

あの時の母の叫びは、急ハンドルを切るような行動を
やっと起こせた、そんな感じであったかもしれません。
長い道のりであったでしょうが、
心の叫びに従い、言葉にすることができたのです。

 

その時もしレメディがあって早くに母が使っていたら、
こんなに追い詰められることなく、解消できていたかもしれない、
と、そんなことを昨日考えていました。
レメディはその時に必要なことがスムーズに行える、
そんな直観力を養ってくれる、
そんなものでもあると思っています。

 

バッチフラワーレメディの飲み方 ⇒ こちら

【津高台ホリスティックケアルーム】
フラワーレメディレメディの貴方の心に寄り添うコンサル&講座
お問合せ・お申込みはこちらから

バッチフラワーレメディの各々の説明:ワイルドローズ 37/38

今回のレメディは私が今までコンサルテーションを行ってきて、
一番利用の数が少ないレメディです。

なぜ?って…
それは、今どうにかしよう!元気になりたい!心癖を治したい!

と思っていらっしゃる方しか
お越しいただけないからです。

 

「馬を水辺に連れて行くことはできても、

水を飲ませることはできない」

 

のと同様、
本人がどうにかしなきゃ、

と思わない限りはどうにもならないのです。

そういった方は、今の状態が自分らしくないことにさえ

気づかないかもしれません。

 

wild rose

 

 

 

【ワイルドローズについて】

 

●ワイルドローズの状態がバランスを崩し、ネガティブな状態になると起こる状況:

 

諦めの中で一番受動的です。自分から這い出よう!

という能動的な行動は一切見られません。

人生の中で自分の役割に身をささげる事ができず、

極端に否定的なことしか予測できません。

内面的にも、外面的にも無気力な態度が現れます。

悪い運命に縛られ、その状況は到底変えられないと思い、諦めきっています。

 

●ワイルドローズを飲んだ後の予想されるポジティブな状態:

 

次第に活力が戻っていくのが感じられ、再び生き生きとし始めます。

日が経つにつれ、人生に積極的にかかわるようになるでしょう。

生きている感覚が呼び戻され、希望が湧いてくるでしょう。

 

EX)ルーピンは何も志を持たない。気楽な生き方で単調な仕事に満足している。

突然解雇されてもそれを受け入れ、何週間もの失業状態が続いても、

自分を見限り、ただ人生が過ぎていくことに体をゆだねてしまっている。

 

 

バッチフラワーレメディの飲み方 ⇒ こちら

【津高台ホリスティックケアルーム】
フラワーレメディレメディの貴方の心に寄り添うコンサル&講座
お問合せ・お申込みはこちらから

バッチフラワーレメディの各々の説明:ワイルドオート 36/38

子供たちが楽しそうにジャングルジムで遊んでいます。

その中のある子Aちゃんはしばらくすると、ウロウロキョロキョロ。

お部屋の中でなんだか楽しそうにしているお友達のところに駆け寄っていきます。

「あ!折り紙~♪楽しそう!私も仲間に入れて!!」

と、しばらくは仲間に加わり楽しそうにしていますが、なんだか落ち着きません。

また、あたりを見回り始めました。

今度は、外で鬼ごっこをしているお友達の楽しそうな雰囲気が気になり始めます。

こんなことは、子供たちの世界では当たり前かもしれません。

蝶々のようにあちらこちらへ動き回って、楽しい場所へ移動していきます。

大人である私たちも似たようなことはないですか?

良いと思ってスタートしたけれど、なんだか違う気がする。

私にはここではないもっと良い所、必要な所があるのではないか?

本当にしたいことは何なのだろう?

こんな時にワイルドオートは使えます。

 

 

wild oat

 

【ワイルドオートについて】
●ワイルドオートの状態がバランスを崩し、ネガティブな状態になると起こる状況:

これは使命感や特別意識に関係があります。

自分の使命が何であるか分からないので心が満たされず、不満に感じています。

才能に恵まれ、活動している場合でも、内面に確信が持てず、

人生がただ過ぎ去っていくように感じます。

本当の自分の内面の使命に気がついていません。 さまざまなチャンスが訪れそれを手に入れて満足したように見えても、

しばらくすると、それは自分に必要なものだったのかどうかも分からなくなります。

すぐに何かが違う気がして、他のものに手を出そうと動き出すのです。

●ワイルドオートを飲んだ後の予想されるポジティブな状態:

次第と頭と心が静まり、核心が沸いてくるでしょう。

自分が本当は何を願っているかがはっきりして、

本来の直感に従って行動するようになります。

今までは単調な人生が、変化に富んだ豊かな彩を持つようになります。

手に入れた願いも浅はかなものではなく、

人生の中で高い目標をかかげ持続した信念を持ち続けることができるでしょう。

 

 

渡辺和子先生の「置かれた場所で咲きなさい」(幻冬舎)はベストセラーになりましたが、

こんなことに気づかせてくれるレメディかもしれません。


置かれたところこそが、今のあなたの居場所なのです。
咲けない時は、根を下へ下へと降ろしましょう。

 

 

EX)スペンサーは子育ても一段落し、これから自分の為に生きたいと思っているが何をしたらいいか思いつかず途方に暮れている。

 

 

バッチフラワーレメディの飲み方 ⇒ こちら

【津高台ホリスティックケアルーム】
フラワーレメディレメディの貴方の心に寄り添うコンサル&講座
お問合せ・お申込みはこちらから

バッチフラワーレメディの各々の説明:ホワイトチェストナット 35/38

考えてもしょうがないことをぐるぐる考えることはありませんか?

思考がドツボにはまってしまって、そこから抜け出せず、

・あの時、どうしてあんなことを言ってしまったのだろう。

・なんでこんなことになってしまわないといけなかったのだろう

・どうしてこんな目に合わないといけないんだろう

・あの人はこのことについてどう思っているのだろう

こんな思いがぐるぐるぐるぐる渦巻いて心を支配しているときに使えるレメディです。

人気のレメディの一つです。

 

 

white chestnut

 

【ホワイトチェストナットについて】
●ホワイトチェストナットの状態がバランスを崩し、ネガティブな状態になると起こる状況:

同じ心配事や望まない考えがぐるぐると頭を支配し苦しめられるようになります。

いましている事に十分に集中できず、頭の中に沸いてくる、

未解決の問題や他の考えで支配され、

壊れたレコードの針のように、悩みにとらわれます。

そして現在を十分に生きられないのです。

ひどくなると、頭痛を伴うことさえあります。

 

 

●ホワイトチェストナットを飲んだ後の予想されるポジティブな状態:

本来の自分にそぐわない考えが浮かんできても、

さらりと自分を通り過ぎ、その考えに引きずられたりしません。

精神状態は穏やかに保たれます。

意識の湖が澄み渡っていれば、

自分の望む答えや問題の解決法は見えてくるでしょう。

ぐるぐる考えてしまう状態が、解き放たれるか、消えていくかしていくのか、

「考えたくても考えられない」

こんな感想を良くお聞きします。 この状態がしんどければしんどいほど、変化は感じやすい傾向にあります。

 

 

ex)アリアは気が付いたらまた先日の会話の事を思い出してしまっています。

あの会話を最初からやり直せたらこんなに悩むことはなかったのに、と後悔し続けています。

 

 

バッチフラワーレメディの飲み方 ⇒ こちら

【津高台ホリスティックケアルーム】
フラワーレメディレメディの貴方の心に寄り添うコンサル&講座
お問合せ・お申込みはこちらから

バッチフラワーレメディの各々の説明:ウォーターバイオレット 34/38

このレメディは一見、別にそのままでいいじゃない♪

レメディをあえて飲む必要はないんじゃないか?!

と思えるレメディの一つです。

他人とは合わせて仲良くしようと思わず、

干渉されるのが嫌、自分一人で過ごすほうが過ごしやすく

何でも大体自分でできて自立している。

では、こういう人はどこがこの状態をネガティブと感じる部分なのでしょう。

・調和を必要とする場面において楽しむことができない、または孤立を感じる。

・自然体でいることができず孤高の人を演じ続けることになってしまう。

このようなことを感じる場合必要なレメディと言えるのではないでしょうか。

 
waterviolet

 

 

【ウォーターバイオレットについて】
●ウォーターバイオレットの状態がバランスを崩し、ネガティブな状態になると起こる状況:

ウォーターバイオレットの人も全く一人が良い!というわけではありません。 このような事を感じる時に必要なレメディではないでしょうか?

これは実際の花の現す姿そのものの状態です。

見かけはすっくと伸びて力強く、他を寄せ付けないような花を咲かせますが、

水面下には繊細な葉が存在しています。

人並み以上の能力と独自の個性に恵まれているにもかからず、

このタイプの人はネガティブな状態になると特有の問題を抱えます。

人との交流において気楽に近づくのが難しく、自分が孤立しているように感じるのです。

人から自分の壁を作っている人と受け取られ、次第と他人との距離を置くようになるのです。

優位に立っていると感じるからこそ孤独に感じてしまうのです。

 

 

●ウォーターバイオレットを飲んだ後の予想されるポジティブな状態:

ポジティブな状態になると、独自の能力を発揮し、

他人のよき手本となり、周りの人に安らぎや信頼を与えていくでしょう。

またそこに、十分幸せを感じ、周りの人たちともありのままの自分でいることに、

違和感を感じることなく、付き合っていけるでしょう。

このタイプの人は、生涯善意と内気な気高さを保って成長していきます。

 

 

ex)ミッキーはヨガの講師として有能で人気があります。しかしながら皆で食事に行く際にはいつも孤独感を感じてしまうのです。

 

バッチフラワーレメディの飲み方 ⇒ こちら

【津高台ホリスティックケアルーム】
フラワーレメディレメディの貴方の心に寄り添うコンサル&講座
お問合せ・お申込みはこちらから

バッチフラワーレメディの各々の説明:ウォルナット 33/38

人生には様々な変化があります。

変化に対応するレメディとしてウォルナットはとてもよく使うレメディの1つです。

特に、あえて言うならば、女性には特に使うことが多いレメディです。

変化とは色々日常にあると思いますが、体の内か外かの二つに大きく分けて、

①環境や周囲の変化 転勤、クラス替え、引越し、配置換えなどなど…

②体内の変化  歯が生える、思春期、妊娠、出産、更年期などなど…

これらは人生において様々な変化に対するストレスに対応するものとして使います。

③番目として、変化に敏感な人や敏感になっている状態にバリアを張ってくれ、影響を受けないようにしてくれるレメディです。

 

 

walnut

【ウォルナットについて】
●ウォルナットの状態がバランスを崩し、ネガティブな状態になると起こる状況:

これはその場の雰囲気や、固定観念や人からなどの外からの影響から身を守るためのレメディであり、

かつ内なる変化である人間が変化するさまざまな時期(歯が生えるとき、思春期、妊娠期、更年期、終末期)にも良いとされています。

外からの影響、身体の変化による影響により、ストレスが高まり内面が不安定になります。

 

●ウォルナットを飲んだ後の予想されるポジティブな状態:

この状態が解消されると、自分のおかれている状況や周りに左右されず、人生での使命を果し、成長していけるでしょう。

 

 

女性の場合は毎月の体調が優れなかったり、

気分の浮き沈みが体調の変化から起こる場合にも

ウォルナットを使用することで良い結果を得ています。

以前このようなケースに使っていただいたことがございました。

親子の関係のしがらみを子供側が影響を受けすぎている場合に使っていただいたのです。

その方は「家から出て自活をしたい」と願っているにもかかわらず、

親御さんが「女の子だから」と言う理由で

実家から出してもらえないだろうな、

そして自分が居なくなったら辛い思いをするんだろうな、

と今までの生活状況から想像を膨らまして、なかなか言い出せずにいらっしゃいました。

しかし、レメディを使用してしばらくして、意を決したわけでもなく、

なんとなく口から思いを発することが出来、難なく思いが実現された、ということがありました。

そういう意味ではあと一歩が出せないでいるときに良い方向に後押ししてくれる助けにもなるかもしれません。

 

 

バッチフラワーレメディの飲み方 ⇒ こちら

【津高台ホリスティックケアルーム】
フラワーレメディレメディの貴方の心に寄り添うコンサル&講座
お問合せ・お申込みはこちらから

バッチフラワーレメディの各々の説明:バイン(VINE) 32/38

リーダーを務める立場の方にお尋ねです。

ご自分は有能なリーダーだと思われますか?

部下に慕われ風通しの良い環境を作っているといえますか?

なかなかこの質問を投げかけると、不安がよぎりますが、
案外自信を持って「YES!」と答えられる方に、必要なレメディかもしれません。

それだけ、バイン(VINEとあえて英語で書いています。というのもパインPINEと間違えやすいからです)は
バインの状態である本人は気がついていない場合が多いのです。

また、ご家庭を仕切ってらっしゃる主婦の方も案外「私のおかげで家の切り盛りはできているのよ!」

と豪語している方には必要なレメディかもしれません。

 

vine

 

【バイン VINEについて】
●バインの状態がバランスを崩し、ネガティブな状態になると起こる状況: バインが必要な状態にある場合、とても有能で野心が強い状態です。リーダーの気質がありますが、バインのエネルギーは非常に強力で、並外れたリーダーシップの能力を人に与えます。ネガティブな状態は、無情で権力志向が強く、他人の個性に全く敬意を払おうとしません。自分の一貫しての意思や目標のためにというより、ただ人を支配したいという虚栄心を満足させるためにエネルギーを使います。女性の場合は、リーダーとして認識していても、その様子を外には現さず、しぐさや目つきや行動を通して現れやすいといわれます。

 

●バインを飲んだ後の予想されるポジティブな状態:

周りの力によって自分は支えられている事に認識し、自己中心的な行動ではなく、大いなる全体とのつながりを持った行動をとるようになり、本来兼ね備えている、新たな強さが沸いてきます。自然と愛されるリーダーとして受け入れられるようになります。

 

EX)トムは会社を経営しており、はっきりと自分の考えがあり、他人が彼の方法に従う事を期待している。彼の考えに従わないものは、首になるだろう。

 

 

周りに指摘する人が居ないため、穏便に周りが動いているため、

もしかしたらご自身で気がつくのは時間が掛かるかもしれません。

でも、周りを見渡してみましょう。怯えている周りの人たちが居るかもしれません。

そして、心を通い合わせることが出来ない仲間との関係の不安や虚無感をご本人自身が感じているかもしれません。

その時にそっと自分の心に手を当ててみて、本来の自分の使命感とは違う、
自分中心で自分の虚栄心を満たすだけの目的を感じることができたとき、初めてバインの必要を感じるときが来るでしょう。

 

 

バッチフラワーレメディの飲み方 ⇒ こちら

【津高台ホリスティックケアルーム】
フラワーレメディレメディの貴方の心に寄り添うコンサル&講座
お問合せ・お申込みはこちらから